切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

桂離宮110円3連の昭和55年和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

桂離宮110円3連の昭和55年和文ローラー印

今回の消印もキロボックスから出てきたオンピースです。桂離宮110円切手ですが、総和40年代を除いて最近のキロボックスからはまず出てきません。昭和41年12月の発行ですが、書籍小包や外信などで適合額面がありその後も平成10年頃まで窓口で販売されていたようです。しかし、販売郵便局も適合郵便も限られていることから販売枚数8000万枚にもかかわらず、郵便物に使用された実逓印は少ないと思われます。整理券種にもなっていないことから局内で処分されたのではないでしょうか。この切手の消印は注文消しでないと満足な消印は収集できません、今回の3連は定形外郵便か小包に使用されたもので昭和55年の長崎西山局の和文ローラー印になります。

 

桂離宮110円3連の昭和55年和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER