切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

桂離宮110円の昭和48年唐草和文機械印(飯田局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

桂離宮110円の昭和48年唐草和文機械印(飯田局)

桂離宮110円切手は昭和41年7月1日の料金改正に伴い、外信航空書状の第3地域(中近東・ヨーロッパ・南米・アフリカ等)への適合額面切手とて発行されました。国内でも書籍小包などでの適合額面がありましたが、使用済みの多くは外信用で欧文印になります。平成になっても販売されていたため後期の消印もあり、注文消し用でも使われています。消印は昭和48年、飯田局の和文機械印ですがおそらく他の切手との複数枚貼りで速達便として押印されたものと思われます。外信用の切手を販売している局は限られているため桂離宮の使用済み自体は少なく、特に機械印は稀少な消印になります。

 

桂離宮110円の昭和48年和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER