切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

平成切手

平成切手貼りの枠が二重になった丸型印オンピース6種

  1. HOME >
  2. 平成切手 >

平成切手貼りの枠が二重になった丸型印オンピース6種

前回に引き続いて同じキロボックスから出てきた消印をご紹介します。消印は複数枚出てきていますが、丸型印の外枠が二重に押印されています。おそらく、インク浸透式の丸型印をインク台でインクをつけて押印した物かと思われます。平成26年5月から平成28年1月までの消印がありますので、間違って押印したのではなく何らかの事情でインク式の消印がそのまま使用できなくなり、インクを付けないと押印出来ない状態であったと思われます。このような消印が長期間使用されていたのは初めて見ました。消印は兵庫上郡局のもので27円の切手が貼ってありますが、配達地域指定郵便物だったのでしょうか。

 

平成切手貼りの兵庫上郡局二重枠丸型印6種※画像をクリックすると拡大します

 

 




-平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER