切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

埴輪の兵士200円赤の局名バランスの悪い和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

埴輪の兵士200円赤の局名バランスの悪い和文ローラー印

今回の消印は個人的に納得がいかない局名のバランスが悪い和文ローラー印です。和文ローラー印にはこのような局名が判読しにくい、わかりにくい消印がかなり存在しています。そのような消印が見つかりましたらこのブログでも取り上げようと思います。郵便局で使用する消印類は郵政省が一括して印顆類を作成し、地方郵政局へ送付し郵政局が民間業者へ局名や年号部の彫刻を発注するという仕組みになっていました。同じ地域の消印に同じような特徴があるのはそのためです。D欄県名入りの県名部や和文ローラー印の書体などが似通っています。消印もれ印などはこの仕組みでは無いため局ごとに特徴があり、面白い消印があるのです。印顆類の表示が指示通りだったのか、あるいは民間業者がバランスを考慮して見る側の事は配慮せず作られたケースも多いのではないでしょうか。消印は港虎ノ門三郵便局で、現在は虎ノ門ヒルズ郵便局になっていますがになっていますが「虎ノ門」が上下に分かれております。

 

埴輪の兵士赤のバランスの悪い和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER