切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

記念切手

1994年/国際文通週間130円の平成9年新和文機械印

  1. HOME >
  2. 記念切手 >

1994年/国際文通週間130円の平成9年新和文機械印

今回も同じキロボックスからの消印ですが平成のものです。国際文通週間の記念切手は1987年から2012年までは2種類か3種類の額面切手で発行されています。2013年以降は4種類か5種類です。1994年では90円。110円、130円の3種類ですがそれぞれ外信航空書状用の額面に適合されています。発行の目的通りにあくまで国際文通用の切手になるわけですが、この額面切手の国内使用の機械印は速達や簡易書留などの特殊郵便に使用されない限り押印されることは無く稀少な消印になります。定形書状80円に130円切手を貼るという場合や新和欧文機械印など外信用に使用される機械印などの稀少な例もありますが、今回の消印のように新和文機械印での押印は国内使用消印になりますので、速達などで使用された場合も考えられます。調布局印になります。

 

1994年国際文通週間130円の平成9年新和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-記念切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER