切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

記念切手

1958年/ブラジル移住50年記念の局名タテ書和文ローラー印(宇部局)

  1. HOME >
  2. 記念切手 >

1958年/ブラジル移住50年記念の局名タテ書和文ローラー印(宇部局)

前回と同じキロボックスからは同じ記念切手の局名タテ書和文ローラー印も出てきました。残念ながら局名のみで年号は不明ですが、山口県の宇部局印です。当ブログの2021年3月24日でも同様の消印を紹介していますが、局名タテ書和文ローラー印は、昭和33年、35年、36年の3年間のみ中国郵政管内の局名が2文字と3文字の郵便局でのみ使用された消印です。従って、県名カタカナローラー印よりも使用期間や使用局も含めて少なく稀少な消印なのですが、何故かタテ書和文ローラー印よりも県名カタカナローラー印の方が人気があるようです。

 

2021年3月34日のブログ「オシドリ5円ペアの局名タテ書和文ローラー印(浜田局)」はこちらから

 

1958年ブラジル移住50年の局名タテ書宇部局和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-記念切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER