切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

梵鐘60円の1986年「神戸中央局」日付部逆植元号入り和欧文機械印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

梵鐘60円の1986年「神戸中央局」日付部逆植元号入り和欧文機械印

今回の消印は以前見た昭和60年代前半のキロボックスから出てきたものです。一見では見過ごしてしまいそうですが、良く見ると「日付部」が逆になっています。いわゆる「逆リング」と呼ばれるエラー印で、日付を変える際に間違って逆に機械に取り付けてしまった物です。唐草和文機械印には比較的多く見かけますが、元号入り和欧文機械印ではあまり見かけませんし尚且つ「神戸中央局」という大規模局で時間帯は18~24時ですので、すぐ逆植だと気付かなければかなりの数のエラー印が世の中に出ていることになります。平成になり、新和文機械印や新和欧文機械印では逆リングはほとんど見かけなくなりました。

 

梵鐘60円の元号入り和欧文機械印逆リング(神戸中央局)※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER