切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

年賀切手

昭和48年/年賀「色絵土器皿」の年賀部抜けエラー機械印

  1. HOME >
  2. 年賀切手 >

昭和48年/年賀「色絵土器皿」の年賀部抜けエラー機械印

前回は日付と年賀の逆植エラー年賀機械印をご紹介しましたが、今回は同じ年賀切手の年賀部抜けです。切手とハガキの境の下部になりますので空間が空いて消印が押印されなかったのかと思いますが、唐草とリング部がハッキリ押印されていますから年賀抜けか、あるいは年賀部を埋め込んだ際に奥まで埋めてしまい押印出来ない状態であったのではないかと思います。本来押印される年賀部に横バーが残っているのが何故かわかりませんが、何らかの事情で年賀が抜けた消印です。前回同様に50年代後半のキロボックスから出てきた物で、能代局印です。

 

1973年年賀切手の日付年賀抜け機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-年賀切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER