切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

記念切手

昔話シリーズ「かぐや姫」の局名間バー入櫛型印(名瀬局)

  1. HOME >
  2. 記念切手 >

昔話シリーズ「かぐや姫」の局名間バー入櫛型印(名瀬局)

今回も引き続いてキロボックスからの物ですが、2番目の消印モレを除いた箱から出てきたものと記憶しています。現行のキロボックスには時々昔の記念切手類が入っていますが決して多くはありません。今のように記念切手を通常の郵便に使用するという慣習は少なく未使用で保管することが多かったのか理由です。この状況は依然ブログでも記載しましたが、切手投機による稀少切手や記念切手の収集が昭和40年代に盛んになった影響です。消印は昔話シリーズ「かぐや姫」への局名間バー入り櫛型印で鹿児島奄美市の名瀬局印です。局名間バー入櫛型印は、昭和30年代後半から平成2年頃まで九州と沖縄の局で存在、活字の彫が浅いためにA欄で文字数が少ない部分に押印時に彫り残しのバーが消印に写ってしまう「欠陥」的な消印バラエティとして出現した消印で、局名が2文字が3文字の場合に発生しています。記念切手には稀少な消印です。

 

昔話かぐや姫の局名間バー入り櫛型印※画像をクリックすると拡大します

 

 



-記念切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER