切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

旧キク15円発光切手の[大宮局」唐草和文機械印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

旧キク15円発光切手の[大宮局」唐草和文機械印

今回の消印も収集家の遺品の中からの動植物国宝図案切手のオフペーパーから見つけたものです。旧金魚7円や旧キク15円で埼玉県内の局印を見かけるとまず確認するのが切手にある「燐光」の枠です。斜めにかざすと切手の周囲に明るく光る枠が発光切手にはあります。発光切手は燐光検知式の郵便物自動取り揃え機を埼玉県大宮局へ実用実験のため設置したため、大宮地区で昭和41年7月から43年7月末まで販売された切手です。結果的には燐光枠が薄くなったりムラがあったりで実用化されることはありませんでした。発行枚数は旧金魚7円が570万枚、旧キク15円が1500万枚ですが使用済みは多くは無く燐光枠がハッキリ残っている満月印については稀少になるでしょう。下記の販売局で八戸局で販売した物は売れ残った旧キク98000枚を昭和46年2月に管理換えして販売されたものです。消印は昭和44年1月の大宮局印ですので、実用実験後での使用印になります。

 

旧キク15円発光切手の大宮局和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

販売局は下記の通りです。(過去の趣味誌からの抜粋です)

発 売 局 名
普通集配局 大宮、上尾、桶川、久喜、岩槻、春日部、越谷、草加
特定集配局 北本、蓮田、白岡、菖蒲、杉戸、鷲宮、幸手、庄和、松伏、吉川、三郷
特定無集配局 (大宮市)大宮宮町、大宮桜木町、大宮高鼻、大宮日進、大宮浅間町、大宮植竹、大宮上小町、片柳、指扇駅前、大和田駅前、植水、大宮宮原、大宮大成、大宮本郷、大宮吉野町、大宮盆栽町、東大宮駅前、大宮市役所内、大宮三橋四、(上尾市)上尾愛宕、上尾尾山台、平方、原市、上尾上町、(北足立郡)川田谷、加納、伊奈、石戸、(南埼玉郡)蓮田黒浜、日勝、大山、江面、須賀、宮代、八潮、(岩槻市)岩槻西町、和土、慈恩寺、川通、(春日部市)春日部大畑、豊春、武里、(越谷市)北越谷、越谷柳田、蒲生、(北葛飾郡)八代、宝珠花、金杉、三郷下松田、早稲田、彦成、(草加市)谷塚、草加松原、草加松原西、草加神明
郵趣窓口での発売 東京中央、名古屋中央、大阪中央、京都中央
青森県 八戸、八戸常泉下、八戸小中野、八戸鮫、八戸中央通、八戸湊、八戸荒町、八戸内丸、八戸白銀、八戸吹場、八戸魚市場前、八戸根城、八戸大町、八戸大杉平

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER