切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

新金魚7円の局名誤刻唐草和文機械印(浪速局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

新金魚7円の局名誤刻唐草和文機械印(浪速局)

今回も前回に引き続いてキロボックスより出てきたもので、記念切手と消印モレを除いた箱からの物です。その箱には少し古い時代の動植物国宝切手のオフペーパーは入っており、前回ご紹介したカタカナローラー印もその中の1枚でした。1枚1枚消印を確認する作業は根気の必要なものですが、このような消印が見つかるのですから見る価値はあると思います。ただし、見る際には見る側にかなりの消印に関する知識がないと見逃してしまいがちです、知らないという事は価値のある消印を見逃すという結果になります。今回ご紹介するのは有名は局名誤刻である大阪の「浪速局」の唐草和文機械印で、実際の消印は浪ではなく、しんにゅうに良の漢字か使われています。浪速局は比較的大きな局ですが、この誤刻印は多く見かけることはなくほとんどは7円のハガキ用切手になりますので、封書には和文機械印は使用されなかったのではないでしょうか。

 

新金魚7円の浪速局誤刻和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER