切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝 稀少消印

新金魚7円の「モリコー数字使用」の年賀和文機械印(国立局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

新金魚7円の「モリコー数字使用」の年賀和文機械印(国立局)

今回の消印も以前整理した昭和40年代後半のキロボックスから出てきた消印です。昭和47年の国立局の年賀機械印ですが、月の「1」の数字にセリフが付いています。通常の機械印にはセリフはないのですが、この国立局は昭和30年代に「モリコー型卓上押印機」を使用しており、その際にセリフ付の1を使っていたのです。従って、その1を使用した可能性が高いのです。唐草部はモリコー型の特徴が見受けられませんので数字のみ使用したのかもしれません。このモリコー型卓上押印機を使用していた局は、東京・国立、愛知・古知野、東京・清瀬、三重・白子の4局のみです。昭和30年代は機械印の導入初期で、卓上式の試作機を配備したようです。

 

新金魚7円のモリコー型数字使用国立局年賀機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝, 稀少消印

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER