切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

新能面70円ペアの「甲府局」局名間が大きく空いた櫛型印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

新能面70円ペアの「甲府局」局名間が大きく空いた櫛型印

前々回の当ブログでも紹介しました局名間が大きく空いた櫛型印、今回は甲府局の消印です。昭和50年代後半のキロボックスから出てきた物ですが、他の2文字漢字の局名よりも明らかに空間が空きすぎています。昭和47年の櫛型印ですが、参考に同じ昭和47年の迦陵頻伽120円赤の櫛型印も掲載しました。昭和47年のみの現象でしょうか?

 

新能面70円ペアの局名間が離れた櫛型印

迦陵頻伽120円赤の昭和47年櫛型印※画像をクリックすると拡大します

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER