切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

新前島密1円ペアの「昭和48年」年賀機械印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

新前島密1円ペアの「昭和48年」年賀機械印

今回の消印も前回同様に年賀機械印です。入手先は確かではありませんが、大量のオフペーパーの中から出てきた物と記憶しています。消印は昭和48年の豊島局の年賀機械印ですが、1円ペアへの年賀印はどうみても不自然です。昭和44年当時のハガキ額面は10円、前年の昭和47年2月1日から7円から10円へ料金が変更になり、変更後初めての年賀印になります。という事は、7円切手に加算し10円にして私製年賀ハガキに使用したのか(それでも加算金額は2円ではなく3円です)、あり得ないのですが7円の年賀状に加算したのか(この場合、前年のお年玉年賀ハガキでは失礼にあたりますね)とか、様々な考察をしましたが状況はわかりません。郵趣家以外ではこのような消印が生まれにくい消印です。

 

新前島密1円ペアの昭和48年年賀機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER