切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

慶弔切手

慶弔切手ハート50円の平成14年「新波+唐草」エラー年賀機械印(加古川局)

  1. HOME >
  2. 慶弔切手 >

慶弔切手ハート50円の平成14年「新波+唐草」エラー年賀機械印(加古川局)

平成2年10月1日より全国182の普通局で唐草和文機械印から新和文機械印への移行が始まり、平成4~5年頃までにはほとんどの局で切り替えが行われました。しかし、年賀機械印は1年に1度しか使用されず平成30年頃まで一部の局で年賀唐草機械印が使用され続けていました。令和になってからも使用されているのでしょうか。このようなエラー年賀機械印の使用局には多くの郵趣家が次年度も使用されることを信じて押印依頼をしており、現在でもその印影が存在している訳です。新波+唐草のエラー組み合わせがほとんどで、旧波+新和文年賀はかなり少ないようです。消印は平成14年の加古川局の新波+唐草年賀機械印で、銘版付で印影全体が見えるようにしてあり注文消しによるものです。

 

慶弔切手ハート50円の平成14年「新波+唐草」エラー年賀機械印(加古川局)※画像をクリックすると拡大します



-慶弔切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER