切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

弥勒菩薩像50円緑の1979年和欧文機械印(福島局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

弥勒菩薩像50円緑の1979年和欧文機械印(福島局)

今回の消印は和欧文機械印の短期使用局印です。和欧文機械印(1期)は1968年12月から1979年8月31日まで使用され、9月1日からは元号入り和欧文機械印(Ⅱ期)へ切り替わっています。しかし、Ⅱ期への切り替わり1年以内に1期の使用を開始した局が17局あります(下記の局)。この局では使用期間は1年以内と短く稀少な消印になります。大分局に至ってはわずか54日間という短い使用印になっています。今回の消印は福島局の1979年4月30日、開始月印です。オンピースですが切手上なんとか判読できます。皆さんのお手持ちの和欧文機械印を見直してはいかかでしょうか。この消印はオークションでもあまり見かけず、コピー消しという偽物まで出ています。この消印はキロボックスより出てきたものです。

(17局と1期開始日)
・1978年10月6日=武蔵野局
・1978年10月16日=郡山局
・1978年10月17日=名古屋南局
・1078年10月18日=高津局、中京局
・1978年10月20日=戸塚西局
。1978年10月23日=西宮東局
・1978年10月30日=熊本東局
・1978年11月6日=王子局、三鷹局
・1978年11月16日=相模原局
・1979年2月=葛飾新宿局
・1979年2月26日=鳥取局
・1979年3月6日=大垣局
・1979年4月9日=伏見局、福島局
・1979年7月9日=大分局

 

弥勒菩薩緑の1979年福島局和欧文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER