切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

弥勒菩薩像50円緑の昭和56年「封書額面」年賀櫛型印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

弥勒菩薩像50円緑の昭和56年「封書額面」年賀櫛型印

年賀状は基本的にはハガキで発送されるために年賀印は私製年賀ハガキに貼られた切手に押印されます。年賀状については昭和36年11月の集政省令により郵便はがき料金印面への消印は省略することがあるとし、昭和37年より廃止されています。ハガキ以外に封書で年賀状を発送するのは、切手商や切手趣味関係がほとんどでめったに無い事例です。従って封書額面への年賀印の実逓印は少なくなりますが、今回の消印は昭和56年の弥勒菩薩像50円緑への年賀櫛型印でこの月の20日に封書額面が60円へ値上げされていますから50円封書年賀印の最後の年になります。長野鬼無里(きなさ)局印のオンピースです。

 

弥勒菩薩像50円緑の昭和56年封書額面年賀櫛型印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER