切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

弥勒菩薩像50円緑の日付数字の変な唐草和文機械印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

弥勒菩薩像50円緑の日付数字の変な唐草和文機械印

今回の消印は以前入手して整理した百枚束に入っていたもので、何かが変だと感じていたものです。キロボックスでもオフペーパーでも消印を見ているうちに、変な消印に気が付きます。数字の大きさや配置、バランスなどを瞬時で判断するので見逃しもあるとは思いますが、今回の消印はどうも月を表示する「11」の文字間が極端に狭い防府局の和文機械印です。隣の29日の数字も大きさ的に変ではないかと一瞬感じますが、隣の11の数字の影響です。おそらく欧文印の「Ⅱ」を11の代わりに入れてしまったのか、または昭和51年が閏年で2月29日の消印で2の代わりに「Ⅱ」を間違って入れてしまったのか。まったくの謎です。

 

弥勒菩薩像50円緑の数字の変な和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER