切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

弥勒菩薩像170円の「年号代用数字使用」和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

弥勒菩薩像170円の「年号代用数字使用」和文ローラー印

今回の消印はかなり前に昭和50年~60年代のキロボックスを整理した際に出てきたものです。年号部の数字が直彫ではなく「代用数字」を使用したと思われる和文ローラー印です。この代用数字を使った消印は当ブログでも過去に数回紹介していますが、今回の岐阜付知(つけち)局の和文ローラー印は初見です。和文ローラー印は昭和50年~52年の試行ローラー印を経て、昭和56年から更埴式へ変更になっており、昭和59年での代用数字を使用しての和文ローラー印は何かしらの事情があったものと推測されます。

(過去の代用数字使用消印)
・2021年3月10日「梵鐘60円5連の年号部「数字誤植」和文ローラー印」
・2021年4月21日「新ホトトギス3円の年号数字が濃い櫛型印(横浜元大橋局)」

弥勒菩薩像170円の年号部数字代用和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

(和文ローラー印の変遷)

名 称 ~昭和49年 昭和50年~51年 昭和52年~53年 昭和54年~55年 昭和56年~57年 昭和58年~64年 平成元年 平成2年~
普通幅・一般ローラー印  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○
試行ローラー印 1期 2期
幅広ローラー印  昭和53年○  ○
年号直彫ローラー印  ○
斜線ローラー印  ○

 




Visited 18 times, 1 visit(s) today

-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER