切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

年号部が極端に小さな和文ローラー印2局

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

年号部が極端に小さな和文ローラー印2局

前回は同じ郵政局内で同じ業者によって製作された消印を紹介しましたが、今回は同じような特徴なのに全く異なる郵政局で作成された和文ローラー印です。昭和52年と54年の年号部が極端に小さなもので、東京新橋四局印と富山中加積局印の和文ローラー印です。消印の目的は付与された切手や収入印紙がすでに利用済みであることを証明するためのものですが、局名や年月日が明確に消印されているかも重要です。このように小さな数字だと本来の目的を果たしているかどうか疑問になります。

 

年号部の数字が極端に小さな和文ローラー印2種※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER