切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

年号の数字が極端に小さな和文ローラー印(東京/船舶振興ビル内局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

年号の数字が極端に小さな和文ローラー印(東京/船舶振興ビル内局)

今回も前回同様のキロボックスからの消印になります。昭和54年の東京船舶振興ビル内局の和文ローラー印ですが、年号の数字が極端に小さい消印です。現在の更埴式とは異なり昭和55年以前はこのような直彫の和文ローラー印が使用されており、毎年局名と年号部を彫り月日のみ差し替えるタイプが採用されていました。従って今までご紹介している通り、直彫の和文ローラー印には様々な形のものが存在します。消印などの印顆類は地方郵政局が取りまとめて業者へ発注し郵便局へ納品するため、同じ郵政局内の郵便局では同じようなデザインの消印を見かける場合が多くあります。東京船舶振興ビル内局は、現在では虎ノ門局へ変わっています。

 

動植物国宝図案切手の年号の小さな和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

動植物国宝図案切手の年号の小さな和文ローラー印-2※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER