切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝 平成切手

平成6年の直線式和文ローラー印2局

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

平成6年の直線式和文ローラー印2局

今回の消印は平成初期のキロボックスのものです。平成6年の直線式和文ローラー印、東京小田急ハルク局(シティポスト印)と熊本菊陽原水局のものでどちらも小規模な郵便局です。平成2年10月に和文ローラー印は平成2年10月に全国1291局で斜線式は配備されましたが、しばらくは直線式と併用されていました。その併用は平成5~6年頃までにはほとんどの局で斜線式へ変更になっています。
シティポストですが、平成2年11月より開局された、大都市の郵便局不足を解消し利用者への便宜を図るため、簡易郵便局法を改正して簡易郵便局の委託先を拡大した際に設置した「大都市型簡易局」の愛称です。

 

平成6年の直線式和文ローラー印2局※画像をクリックすると拡大します

 




-動植物国宝, 平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER