切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

平成切手

平成切手ヤマセミ80円の平成15年「兵庫作用局」新波+唐草和文機械印

  1. HOME >
  2. 平成切手 >

平成切手ヤマセミ80円の平成15年「兵庫作用局」新波+唐草和文機械印

今回の消印も最近のキロボックスより出てきた、新波+唐草和文機械印のエラー印です。兵庫作用局の消印ですが、この局の注文消しを今まで見たことがありませんので発見されなかったエラー印なのかもしれません。局の沿革をウィキペディアで見る限りでは集配を行う特定局のようです。新波+唐草の組み合わせのエラー印は平成10年頃までにはほとんど姿を消しているため、平成15年印は少し後期の使用印になります。

(局の沿革~ウィキペディアより抜粋)
・1872年8月4日(明治5年7月1日)=佐用郵便取扱所として開設。
・1875年(明治8年)1月=佐用郵便局に改称。
・1986年(昭和61年)8月25日=平福郵便局から集配業務を移管
・2007年(平成19年)2月13日=上月郵便局と南光郵便局から集配業務を移管
・2007年(平成19年)10月1日=民営化に伴い、併設された郵便事業播磨山崎支店佐用集配センターに一部業務を移管
・2012年(平成24年)10月1日=日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業播磨山崎支店佐用集配センターを佐用郵便局に統合

 

平成切手ヤマセミ80円の平成15年兵庫作用局新波+唐草和文機械印※画像をクリックすると拡大します



-平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER