切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

平成切手

平成切手ノハナショウブ420円ペアの平成6年「沼津大岡駅前局」直線式和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 平成切手 >

平成切手ノハナショウブ420円ペアの平成6年「沼津大岡駅前局」直線式和文ローラー印

郵政民営化前は直線式和文ローラー印はほぼ全局に配備されていました。平成2年10月に全国1291の普通局で斜線式の新側和文ローラー印が配備されましたが、大規模局でも配備は1本だったり、特定局や簡易局では配備が遅れたりという事情で平成6年頃まではかなりの局で直線式和文ローラー印が使用されていました。平成半ばでほぼ切り替わりましたが平成20年代でも一部の局では直線式が使用されたケーズがありました。消印は平成6年の沼津大岡駅前局、JR御殿場線の駅ですが特定局であるため配備が遅れたものと思われます。840円以上の額面切手ですのでゆうパックでの使用かと思われます。

 

平成切手ノハナショウブ420円ペアの平成6年直線式和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER