切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

平成切手

平成切手キジバト80円の「丸の内支店」短期使用・新和欧文機械印

  1. HOME >
  2. 平成切手 >

平成切手キジバト80円の「丸の内支店」短期使用・新和欧文機械印

郵便事業丸の内支店は東京都千代田区にかつてあった郵便事業株式会社の支店で、2007年10月1日より2008年5月6日まで東京中央郵便局に併設されていました。翌5月7日に銀座支店へ統合されたため、民営化後7か月だけ存在した支店です。その後、跡地にゆうゆう窓口を運営する銀座支店丸の内分室が設置されたましたが、た設置先の東京中央郵便局局舎建替え計画に伴い、同年7月19日朝に丸の内分室は廃止されました。丸の内分室の紛らわしい親局移動です。(この分室の移動に関する経緯は、切手マニア切手コレクションの下記のサイトで記載しています)郵便事業丸の内支店は集配およびゆうゆう窓口を鳥居扱っておりますので消印が存在しますが、7か月間の短期使用印になります。今回の消印は平成19年(2007年)12月14日の新和欧文機械印です。

 

銀座局と東京中央局の丸の内分室について

 

平成切手オシドリ80円の「丸の内支店」短期使用新和欧文機械印※画像をクリックすると拡大します



-平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER