切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

平成切手

平成切手ウメ82円の局名間とAD欄間に凸部のある丸型印(都筑局)

  1. HOME >
  2. 平成切手 >

平成切手ウメ82円の局名間とAD欄間に凸部のある丸型印(都筑局)

今回の消印も最近のキロボックスからのものです。一見して局名の間とA欄D欄の間にかけて逆T型の凸部の印影があります。おそらく文字の間に強度を高めるために浅めに彫られた部分が強く消印が押印されたために消印として残ったものであると思われますが、上部のみで下部にはありません。
横浜の都筑局の消印と思われますが丸型印でこのようにハッキリと凸部の印影が残されることはほとんどありません。都筑局の消印でこのような印影があるかどうか探してみたいものです。

 

平成切手ウメ82円の凸部がある都筑局丸型印※画像をクリックすると拡大します



-平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER