切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

平成切手

平成切手ウソ130円の平成6年直線式和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 平成切手 >

平成切手ウソ130円の平成6年直線式和文ローラー印

和文ローラー印は平成2年10月1日より全国1291局の普通郵便局で直線式から斜線式へ変更になりました。現在使用されているのが斜線式になりますが、しかしながら、一部の特定郵便局や簡易郵便局では切り替えに時間がかかり平成6年頃までは直線式が使用され続け、平成10年頃までにほぼ切り替わっています。この直線式和文ローラー印ですが、比較的大きな郵便局でも平成6年頃までは使用されており、その消印もキロボックスなどで多く見かけます。推測ですが、斜線式のみでは対応しきれずに直線式も併用していたのではないかという事です。今回の消印も平成6年の米沢局の直線式和文ローラー印ですが、米沢局は山形県米沢市と長野県茅野市に存在しますが長野県であれば、「長野米沢」との記載であると思いますので山形県だと思われます。台切手のウソ130円は定形外50グラムまでの適応額面切手ですのでこの直線式和文ローラー印は比較的多く見かけます。

 

平成ウソ130円の平成6年直線式和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します



-平成切手

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER