切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

局名部が削られたの和文ローラー印2種

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

局名部が削られたの和文ローラー印2種

このブログでも唐草を削った和文機械印などを紹介してきましたが、今回の消印は局名が削られた和文ローラー印です。この消印はすでにヤフオクで出品し落札されたため手元になありませんが画像で紹介したいと思います。2種類ありますが、ひとつは「松本局」の上部が削られたもの、もうひとつは神戸中央の下部が削られたものです。このように削られて使用された消印には何らかの理由で削らなければならない理由があります。その理由を推測しますと下記の通りです。

①松本局=全国に松本名の局は数局ありますが、昭和52年印を見ますと試行ローラー印の使用局であったため、試行ローラー印の代用として他の局の消印を削って松本局にして使用されたのではないか
②神戸中央局=神戸中央三宮分室印の三宮を削って使用されたのではないか

 

局名削りの和文ロ-ラー印※画像をクリックすると拡大します




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER