切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

吉祥天立像1000円+色絵藤花文茶壷410円の昭和60年和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

吉祥天立像1000円+色絵藤花文茶壷410円の昭和60年和文ローラー印

今回の消印は最近整理したキロボックスからのものです。吉祥天立像1000円と色絵藤花文茶壷410円が貼られた昭和60年の京都西ノ京職司局の和文ローラー印です。昭和60年当時の1410円以上の郵便料金は第3地帯の小包しかないため、小包に使用されたものと思います。吉祥天立像1000円は昭和40年4月に全国日本切手展の25回記念として発行された小型シートを単辺として発行された意味合いが強く、当時では1000円という郵便料金も無かったため、初期は主に別納として多く使用されました。実逓として使用され始めたのは昭和50年半ばからで平成8年に平成切手タカ1000円が発行されるまで販売されましたが、郵便局での在庫があり平成14年9月末で整理券種として処理されています。

 

吉祥天立像1000円他の昭和60年和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER