切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

動植物国宝切手の局名間に彫り残し「凸部」のある丸型印(北海道内局)3局

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

動植物国宝切手の局名間に彫り残し「凸部」のある丸型印(北海道内局)3局

前回は平成切手への北海道内の郵便局での局名間彫り残しの丸型印をご紹介しましたが、同じキロボックスから出てきた動植物国宝切手での昭和の消印を3局紹介したいと思います。北見局の櫛型印、厚別局と帯広局の丸型印です。北見局の櫛型印は旧キク15円への消印で旧ポストスタンプブログの2018年11月8日の記事と同じ年代に使用されていた消印と同様のようです。櫛型印から丸型印へ、昭和から平成へと同じような彫り残しが長く続いている訳ですがその理由や状況は詳しくはわかっていません。

 

旧ポストスタンプブログ2018年11月8日の記事

 

動植物国宝切手の局名間凸部入りの丸型印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER