切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

人物画像鏡80円ペアの昭和57年「大阪中央局」直彫和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

人物画像鏡80円ペアの昭和57年「大阪中央局」直彫和文ローラー印

今回の切手は実逓の使用済みが入手困難な切手「人物画像鏡80円」です。注文消しなどでの押印は多いのですが、当時のキロボックスからでは10キロ1箱で1~3枚程度しか出てきません。その理由としては昭和56年発行当時「80円」という国内郵便料金が少なく、外信便での適応金額が多く国内では第3種定期刊行物(400~450グラム)と同じく第3種低料金定期刊行物(650~700グラム)しかなく、ほとんど需要が無かったためです。
従って切手を販売する郵便局も限定的であり。発行当時はまだ「新ヤマドリ80円」が大量に在庫があったことも一因のようです。
今回の消印はキロボックスからの物でペアの昭和57年大阪中央局の直彫和文ローラー印ですが、少し前のヤフオクで同様の出品がありかなり高額で落札されていました。

人物画像鏡ペアの昭和57年大阪中央直彫ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER