切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

マツ20円の日付部逆リング和文機械印(尼崎北局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

マツ20円の日付部逆リング和文機械印(尼崎北局)

今回の消印は40年代後半から50年代前半時代のキロボックスから出てきたエラー印です。通称「逆リング」と呼ばれているもので、機械印の日付部のリング部を逆に更埴市手消印を押印してしまったものです。和文機械印や和欧文機械印でのエラーですが、圧倒的に和文機械印の逆リングが多いようです。日付の数字を交換する際にリング部を取り出して交換し、逆に設置してしまったヒューマンエラーによるものですが局内の誰かが発見して正位置に戻されるので使用され続ける事は少ないようです。現行の機械印ではほとんど見かけなくなりましたが、昭和40年から50年頃の消印にはごく稀に見かける非常に珍しい消印です。昭和49年の尼崎北局、唐草和文機械印です。

 

マツ20円の日付部リング逆植和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER