切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

バサラ大将500円田型の発行月和文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

バサラ大将500円田型の発行月和文ローラー印

バサラ大将500円切手は金剛力士像500円を引き継いだ額面切手で、それまでの凹版印刷をグラビア印刷への切り替えを行い、埴輪の兵士200円茶・興福寺仏頭300円・天燈鬼400円とともに高額切手の一環として昭和49年11月に発行されました。実際に使われるようになったのは2年後の郵便料金改正後からで、定形書留速達や小包などあやゆる高額郵便物に使用されました。この切手の特徴は発行期間が長いことで平成22年の郵政民営化に伴う国名書体変更の切手発行まで約40年間使用されました。実逓印も豊富で中には注文消しも見かけます、今回の消印は昭和49年11月の三鷹局の発行月和文ローラー印で別納印です。小さな局では金剛力士像の処分に時間がかかりましたが、この消印はかなり多く見かけます。

 

バサラ大将500円田型の発行月和文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER