切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

ニホンジカ10円コイルペアの「筑波農林研究団地内局」局名2行欧文ローラー印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

ニホンジカ10円コイルペアの「筑波農林研究団地内局」局名2行欧文ローラー印

前回と前々回にご紹介した筑波農林研究団地内局の欧文印ですが、前回紹介した直線式欧文ローラー印の前に局名2行の欧文ローラー印を使っていました。局名2行の方が見やすいと思うのですが、総和61年5月から特定無集配郵便局には雄文番号が入った欧文印が仕様されることになり、この2行印から郵便番号が入った前回の欧文ローラー印へ変更になったようです。また局名2行の欧文ローラー印については1988年頃から局名は正規の表記をすることになり、入りきれない場合は局名2行欧文ローラー印が配備されました。配備されたのは北海道郵政管内がほとんどで無集配特定局と分室が対象になりました。

 

ニホンジカ10円コイルペアの筑波農林研究団地内局局名2行欧文ローラー印※画像をクリックすると拡大します

 

平成ヤマガラの北海道局名2行欧文ローラー印北海道郵政管内の局名2行欧文ローラー印

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER