切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

ニホンジカ10円の昭和47年「市川局」戦後型時刻表示和文機械印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

ニホンジカ10円の昭和47年「市川局」戦後型時刻表示和文機械印

今回の消印も最近物のキロボックスから出てきたものです。消印は昭和47年の市川局、戦後型時刻表示の和文機械印、消印の時刻表示が戦後型から24時間型へ変更になったのは昭和40年からですが、櫛型印では40年5月以降で唐草和文機械印は実際は昭和41年からのようです。昭和44年頃までには多くの局で切り替えが行われましたが昭和48年頃までは大型局でも戦後型表示が使われていました。例えば、赤坂局・牛込局・横須賀局・宇都宮局・佐倉局などがあります。昭和50年代になると極端に少なくなります。今回の市川局も戦後型時刻表示を昭和40年代後半まで使用していた局で、10円というハガキ額面での消印は私製ハガキのみで、封書額面切手よりも稀少になります。

 

ニホンジカ10円の昭和47年「市川局」戦後型時刻表示和文機械印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER