切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

ニホンジカ10円のタテ書き青色消印もれ印(水戸局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

ニホンジカ10円のタテ書き青色消印もれ印(水戸局)

今回の消印は久しぶりの「消印もれ印」です。旧スタンプブログでは数回に分けて様々な「消印もれ印」をご紹介しましたが、今回はタテ書きです。タテ書きの消印もれ印は今まで見たことはなく初めてになります。郵便消印には、郵便局名・日付を明らかに証示するもの(証示印)と、切手が再び使われないように抹消するもの(抹消印)がありますが、消印もれ印は抹消印でもあります。表示印には様々な規定があるのですが抹消印には規定はなく、局独自に作成されておりサイス・文字・色も異なっています。消印もれ印に関する書籍や資料はほとんどなく、使用済みの印影を調べるしかないようです。しかしタテ書きだと非常にバランスが悪いようです、消印は水戸局のようです。

 

ニホンジカ10円のタテ書き青色消印もれ印(木戸局)※画像をクリックすると拡大します



-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER