切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

ソメイヨシノ10円の昭和36年4月「発行月」櫛型印オンピース

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

ソメイヨシノ10円の昭和36年4月「発行月」櫛型印オンピース

今回も同じキロボックスからの物ですが、少し古い時代の動植物国宝図案切手も含まれておりました。消印はソメイヨシノ10円の昭和36年4月の発行月櫛型印で溝ノ口局印です。封書額面が10円だったのは昭和26年11月1日から昭和41年6月30日までで、ソメイヨシノ10円の発行前は観音菩薩像10円が使用されており、ソメイヨシノ発行時も観音菩薩像が局へ在庫として残っていたと思われます。普通切手の新切手が発行された場合は同じ額面の旧切手は処理券種となり、在庫を消化するために優先的に売り捌かれるためソメイヨシノ10円のそれなりに発行月印は少ないのではないかと思われます。

 

ソメイヨシノ10円の昭和36年4月発行月櫛型印※画像をクリックすると拡大します

 

 




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER