切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

オシドリ5円ペアの局名間上部にバーのある櫛型印(伊丹局)

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

オシドリ5円ペアの局名間上部にバーのある櫛型印(伊丹局)

局名間にバーが入った消印は、昭和30年代後半から平成2年頃まで九州と沖縄で活字の彫が浅いためにA欄で文字数が少ない部分に押印時に彫り残しのバーが消印に写ってしまう「欠陥」的な消印バラエティとして出現した消印で、局名が2文字が3文字の場合に発生したものです。同様に凸部が局名間に入った櫛型印や丸型印は北海道の一部の局でも見かけますが、今回の消印は局名間の上部にバーが写り込んだもので彫り残しとは考えにくいのです。「伊丹局」は兵庫県伊丹市のみ存在していますが、他の伊丹局印でも同じような印影が生じているのかどうか確認したいと思っています。今回の消印も原因がわからないものです。

 

オシドリ5円ペアの局名間上部にバーのある櫛型印(伊丹局)※画像をクリックすると拡大します



-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER