切手収集を始めて40年、動植物国宝切手や平成切手また戦後の記念切手の消印バラエティを中心に収集、オークションへも参加しております。今までのコレクションの中からいろいろな消印を様々な資料を含めてご紹介していきます。

動植物国宝

「年賀」の文字間が狭い唐草年賀機械印

  1. HOME >
  2. 動植物国宝 >

「年賀」の文字間が狭い唐草年賀機械印

今回の消印は今まで何度が見てきたものですが、「年賀」の文字間が狭い機械印です。年賀機械印は予め年賀が彫られたものを1年に1度使用するのですが、その時点で狭く彫られた消印と見ていいのかと思います。通常に使用されている機械印の時間部を更埴式で差し替えて使用する訳ではないので、平成になっても唐草年賀機械印が使用され続けている理由です。この「年賀」文字間の狭い機械印に関する資料は今まで見たことはなく、その消印を収集研究している趣味誌などもないため何か資料をお持ちの方がいれば是非教えていただきたいと思います。今回は2局の狭い消印と通常の年賀印を掲載いたします。

 

年賀の文字間が狭い年賀機械印※画像をクリックすると拡大します

 

年賀文字間が普通の機械印※画像をクリックすると拡大します




-動植物国宝

© 2024 ポストスタンプブログⅡ Powered by STINGER